物を作る仕事のわりに、こだわりが無いのがどうもいけないような気がするSのつぶやき。


by STUDIOTSA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 114 )

いい加減?良い加減?



c0222103_23130331.jpg
c0222103_23284928.jpg
c0222103_23294255.jpg


手作りの良し悪しについてです。


ハンドメイドが売り、と言うかハンドメイドが普通のマノピグラの商品ですが、それならではの良し悪しがあるかと思います。

特徴として思いつく事を書きますと、、


時間がかかる。

線をねじる、糸鋸で金属板を切るところからもやっています。手が遅いと言うのもあります。。


数が出せない。

出す必要ない。今のところ。


個々の仕上がりが少し違う。

個性色々のかわい子ちゃん達です。どうぞよろしく。



ピシッ!としていない。かも知れない。。あじ、です。



上記全体、良いのか悪いのかで言うと、、分からないけれど全体肯定したい気持ちが大きい。。




でも、ハンドメイドか否かに限らず外すべきではない点はあるかと思います。


例えば、


納期。

言った納期は守るよう頑張ります。。


仕上げの丁寧さ。

これ結構難しいところ。常に良い塩梅に持っていく努力をしていますが、希望と違えば教えて下さい。。


耐久性。

お修理します。長くお使い頂きたいです!

少し歪んだ?あ、それは普通です。ウチの。。(こらーっ)


当然といえば当然の事ばかりですが、実際守れているかどうか考えるとドキドキ。




あと、製作者として、良いのか悪いのか本当に正直分からない場合もあります。


私の中での良い塩梅のつもりが、人から見たら何だかいい加減、、と感じられる事があるかも知れませんし、

逆にそこまでこだわる必要あるの…?と思われる時もあるかも知れません。(性格の話みたい?)



いい加減なことしないで下さーい。と、


いい加減にして下さーい。。と。



この中の線引きは人それぞれで、難しい。


ま、丁寧に越したことはないと思うので、丁寧な仕事を心がけたいです。好きな味を保ったまま。





んー。


とりあえず、コーヒー飲もうかな。



c0222103_23353467.jpg







[PR]
by STUDIOTSA | 2018-06-09 23:52

展示会や催事のこと。



c0222103_03583182.jpg

おっとっと、、またすごい月日が経ってしまいました。

季節の変わり目しか書いてないかも。


2月上旬の大阪での催事の後、下旬には五反田のTOCビルでの展示会がありました。

この後、期間限定のイベント予定がいくつかあります。


自分で立って売るのはあまり得意とは言えない私達ですが、今年はもう少し自分達で積極的にお店等に立つ機会を作ろうと決めて、動く事にしました。

そう決めたら、前向きにどれも楽しみにもなってきたので良い傾向です。


ですが、ちょいと心配な事もあります。

一つは、商品ディスプレイのこと。

展示会でもこの前の大阪の催事でもそうだったのですが、いくら商品を並べても出したい世界観みたいなものが全く見えて来ない。

写真一枚の方がよっぽど伝えたい商品の雰囲気を出せている気がするのは気のせいか?

並べる物が増えてもバラバラ感が増すだけって何でだろう。

修行が必要だな。。


あと、トーク。

気の利いたトークが出来ない、とか言うよりも何と言うか使う言葉が非常につまらない私です。

この前、あるサイトでイタリアのピッティウォーモの展示会風景の過去動画を見たのですが、おじさん達(イタリア人だけじゃないかも)がすごい語る語る!

日本人だと「ベージュ系」で終わっちゃいそうな色の説明を「赤道直下の熱い土の色を参考に」とか言うし、あと別の人も白と青について「白と青、これは夏に欠かせない大切な色で」とか表現するし。


それに比べて途中に出て来た日本人のファッション評論家の紳士は、「ジャージー素材でシワになりにくいです。」とか「幅を変えたストライプ。そこがポイントです(はい、見たらわかります!)」のような事を言っており、、



なんか、違う。。ぜんっぜん違ーう!!


(片や出展者のブランド側の人間、片や観てまわる来場者、なので違うのかも知れませんが。。でも、それだけじゃないな。)




そうだ、あともう一つ見た動画でもザ・イタリア人なおじさんが自分の着こなしの説明をするときに、「だって、自分はナポリ出身だから、白と青が完璧なカラーなんだ、自分にとっては。地中海の色が好きなんだよ。」なんて言ってましたよ。


くぅ~~!何だよそれー!(シビれる双子)




で。

これを見た私は、見て分かる事を言うのはとりあえずやめよう!と誓ったのに~、、

「あ、これはペンダントトップなんですけど、18金で、ダイヤ入ってまーす。」と、相変わらずのノータリンな言葉を発していました。

焦ると、益々そんな感じになります。



言葉もセンスですよね。

いくらかっこええ~と思ったとしても、自分の感覚に元々ない言葉を頑張って使うと自分の歯がカタカタ浮いてきちゃいそう、、なのでそれは私は出来ない、と思う。


んー、でもせめて、思っている事は商品コンセプトも含めてもう少し恥ずかしがらずに話せたら良いのになぁと思います。

ま、先日の展示会では早々に諦めて、用意したDMをせっせと配ってしまいましたが。(一応は考えた言葉が並んでいるので私が喋るよりはマシかな~と


作品作りもそうですが、それ以外にも色々学ばなきゃならない事がまだまだ沢山あるのねと、ここに来て凄く思います。



c0222103_04004787.jpg

先月の大阪での催事の前に、売り場のシュミレーションをしておこうと思い、お借りする什器の縮図(1/10くらい)を作ってはみたのですが、全くリアルに想像が出来ず手こずりました。。お客さんが欲しいよ〜と人型を探し回ってお子ちゃまのプラモ(ガンプラなの?)を見つけたので置いてみた。

皆さん程よい大きさでなんかちょっと売り場の感じが掴めて来たような?





c0222103_04130326.jpg

でも、よく気のつく姪っ子ちゃんが「Sちゃん、これ取れてたよ、つけといたから!」と言って、いつの間にかお客様たちに武器を装着してくれちゃったので、皆、機動戦士になってしまい、売り場は戦場に変わっていました。

一応、お礼は言ったけど。要らないの。












[PR]
by STUDIOTSA | 2018-03-07 04:37

2018

c0222103_10585231.png
 
新年明けましておめでとうございます。まのぴぐら




[PR]
by STUDIOTSA | 2018-01-02 11:04


c0222103_13085763.jpg

ちょっと早いクリスマスプレゼント


ではなく、

先日の勤労感謝の日にかわゆい姪っ子チビAちゃん(小学二年生)からもらったカードです。

勤労感謝の日って、いつも頑張ってお勤めしている人を互いに労う日でしたよね?今は。多分。


おしごと ♡  がんばって(大きなキラキラ立体文字=強調?) 



って書いてあるよ。
(正確には、カードの右上に小さなメモで労いのお言葉も貼ってありました!)



私まだまだだね。頑張らないと!



ちなみに、働きづくめのデザイナーK君(Aちゃんの夫、姪っ子の父)には、しっかりとねぎらいの言葉が
並んだお手紙を本人を前に愛を込めて可愛く朗読しておりました。


子供ってホントよく見てますねー。



(でも。K君だってすっごいゲームしてるの私知ってるんだから)









[PR]
by STUDIOTSA | 2017-11-26 13:40

ドキリ。


先月の下旬は、ヒカリエホールで行われたファッションの合同展示会に出展しました。で、終わって数日バタバタしていたらハロウィンは終わってしまいました。

おマメな姪っ子が1人で部屋の中をせっせとハロウィン仕様に飾り付けしているのをなんとなーく横目で見ていましたが、、自分は何もせずに過ぎちゃった。。


でも翌週の文化の日には近くの大学の学祭に足を踏み入れたり、駅前の人集りのパン祭りでパンを買ったりと文化祭やお祭り気分を味わい、ハロウィンを清算。

私の出身の美大の学祭は、ロクでもなかったので(独りよがりでおもてなしの精神ゼロ&人と協力し合う気も無い面々←自分の頃。)、、まともな大学の学祭はこんなにちゃんとしているんだな、素晴らしい。とAちゃんと毎年感心しています。


あと芸術の秋だからか、先月は自分の展示会以外にも高校の恩師の個展や美大の同級生の個展がいくつかあり、久々ギャラリーと言う場所にも出掛けました。


高校の時の先生は、50も半ばを過ぎてから独身生活に終止符を打った男性ですが、現在は結婚して4~5年経った頃かな?

数年前から確実に作品に色気が出てきましたよ。

とりあえずそれを観て、先生にとって結婚って幸せらしいな。良かったね!と思いました。

あ、作品に色気と言ってもエッチな感じとかではありません。

以前は、1人で散歩とかしている人の作品だったけれど、今は会話の出来る作品、人に興味がある作品、に変わったなという印象。若返った感もあるかしら。

私、上から目線?先生読んでいない事を祈る。。



大学時代同じクラスで1番絵を描いていたと私が思っているA子ちゃんの個展は、展示会直後の台風迫る土曜に行きました。

吉祥寺の井之頭公園付近の趣あるギャラリー。

彼女の描く絵は、いつも面白い人物像で題名と合わせて観ると何とも私達双子のツボに入る作品なのですが、今回もやはり期待を裏切らず妙な面白さ健在でした。

雰囲気としては、少し怖い日本の昔ばなしのような空気を感じる作品、、、、かな。

その中で一枚、砂漠のような全体が黄色っぽい画面にあっさりした線描きで横たわる人物が描かれた絵がありました。

横たわる人の様子は、ヨガで言うシャバーサナ(屍のポーズ)、究極のリラックスポーズをとっているような状態。

要は、ただ上向きに足も手も真っ直ぐに下ろして寝ている状態です。

人物の顔はポケーっとした感じだったと記憶。



この絵の題名は「進化をしない」。

確かそうだった。


自分かと思った!

ドキリとしました。

顔は苦しくも焦ってもおらず、何も考えていないのか、、こいつ分かってないなー、危機感ゼロって感じの顔してるじゃん。


これ、私〜?

もう一度思ってしまいました。進化していないって、そもそも分からないから焦りも無いワケだね?



進化。。


製作活動においては、続ける以上は今よりちょっとは進化したいなー!とか簡単に言ってみる。

進歩と違って、努力だけじゃ行けない領域か。ゲームやアニメでは聞く単語ですが。



とりあえず、

寝ていないで立ち上がらないといかんな!と思いました。寝るの好きだけど。

あとは近々やって来る獅子座流星群にお祈りしようかな。星頼みしちゃう?

ジャンルが違っても人の作品を観るのって勉強になりますね。




c0222103_20485773.jpg

さて。

こちらは、今月結婚14周年を迎えられたご夫妻より、結婚指輪を新しく作り変えたいとのご依頼を受け製作したものです。

幅も厚みもしっかりとした指輪です。

以前お持ちだったリングは、こちらよりもさらに幅広の10ミリ幅で、表面には叩きの模様はなく、シンプルな鏡面仕上げのものでした。

今回のご依頼ではリングの幅を少し減らし、代わりに厚みを増して、表面はハンマーワークで槌目模様を入れました。 ボリューム感を損なわずに、つけ心地良い仕上がりになったと思います。



結婚14年、年数としてはそれなりに長いようにも感じますが、これからも続く夫婦の歴史としてはまだまだ序の口と言ったところでしょうか?←経験なく、偉そうな事を言ってる。




結婚指輪は特別な指輪です。

結婚指輪を新しくする事で、各々が新鮮な気持ちになり、また、お互いを大切な存在として再確認できる機会にもなるのかも知れません。


素敵ですね。


ご依頼ありがとうございます!

c0222103_20504902.jpg

[PR]
by STUDIOTSA | 2017-11-11 21:12

秋です。


あら。

もう夏も終わって9月もあと少しか。。来月後半に展示会があるのでピッチ上げないとねー!

でも書くのは踊りの話です。


今月は踊り月でした。アルゼンチンタンゴ。

レッスン以外にミロンガ(タンゴのダンスパーティーみたいなもの)には何回行ったかな。

よく踊った時もあるし、ほぼ座っていた時もありました。何だかなぁ。

ミロンガ34時間中、3時間以上座ってるって人生の無駄遣いですよね。そんなの行かない方が良い。

でもそんな状況に結果として置かれたりするのがタンゴ、お誘い無しには踊れません(知り合いがいない場合は特に)。


時々、少し離れた所からこちらを見ている人がいるような気配も感じますが自分の思い違いかも知れないので見ずに前を向いたまま席で固まっている自分。。

わー、モテない人!

うん、そんな気がしてきてトホホ気分にもなります。

人が多いミロンガで私は寒~い思いを結構しております。人が多くて明るい場所がそもそも苦手なので端っこや後ろの方でチーンと座っています。

でも、そうするとなかなか踊れないんだってさ。

そうかな?そう言う理由じゃないような。。私の問題、かな。


サルサは、踊りませんかー?踊りましょー!肩ポンポン!みたいな気楽な感じでお誘いが来ます。暗いからあまり見えないので近づかなきゃならない必然もある。

時々、横からじとーっと視線だけ感じる時もありますがそれは見ないようにします。よく分からないから。

誘いは男性からだけではなく、女性から「踊って下さーい。」と言うのもありますよ。

(あと、良い曲がかかったら勝手に1人で踊るもあり。全然あり!)



が、タンゴは女性からのお誘いは基本NGとの事。

実際、以前のミロンガで、私のお友達と踊った男性に、「私も次お願いしたいです~(遜った態度で)」と言ったら、「それは、ルール違反だなぁ~。」と気取って返され、心底引いてしまった事があります。

俺、本場のルール知ってんだよね、みたいな感じ?日本人です。アホか。←恨んでます。


ミロンガでは、出来ればカベセオ(視線での合図)で誘い、同じく視線で答えるのがスマートだそうで~。。書くだけで緊張が走ります。苦手です。

まあ、本当のお友達同士ならばそんな事せずに誘って良いと思います。

と言うか、お友達なら「じゃ、そろそろ踊ろうか!」ってお互い自然になると思いますので問題なし。


で。


誘ってはいけない女性側がミロンガで踊って欲しけりゃどうするかと言うと、相手を目で追う…とか、踊りたい人にはさり気なく挨拶&会話してみるとか、するらしい。

うーん、目で追う。。いやー、、ちらりと盗み見るのはやります。が、相手と視線が合うまで追うことは、、私には出来ない!

あと、、さりげなく挨拶から会話するって?踊って欲しそうなの見え見えで近づいてさりげなく会話が出来るの?何の会話するの~?やだー。。

相手に踊る気が無ければ、よく分からない会話で終わってサヨナラ~ですよ。返って恥ずかしいわ!

私が男性だったら、そんなに親しくない女性が挨拶に来た瞬間にもう分かるので耐えられないちょっと違うかな、と思っても「良かったら踊りませんか?」って早々に自分から誘ってしまいそうです。。弱い。

それをやると、次から当然踊れると思って女性からガンガン来られるからやっちゃダメなんですよ、と知り合いの男性は言ってましたが。

会話を続けて踊るのを回避するなんて芸当は、、その方はやっていましたが私には出来そうもない。。

でも社交的で会話好きで話題も尽きない人なら会話も盛り上がるだろうから、まぁ良いのかなー。

私が、無理なだけです。無理、無理。



要するに。


踊りたい人がいたら普通に近くまで行って一言、「踊って頂けますか?」で良くないか?


と言うのが私の考えです。

ダメならダメで仕方がないじゃーん。。ただ、断り方は相手を思って気を使うべきだと思いますが。


カベセオなども誘いを断られたり断ったりが傍からはダイレクトに分からないのが良いと言う考え方のようですが、(本当は結構分かると思う。。)それで面子(自尊心?)が保たれるのかなー。

アルゼンチンって気取り屋さんの国なのかしら?


ま、タンゴ友達の1人は(美人で踊りも良い女性)はお誘いはもちろん多いですが、踊りたい人がいればトコトコと自分から行って、踊って下さーいと普通に言っている。

、、よって、ルール要らない人もいるんだよねー!



ちーん。



あー、今月末のサルサ、楽しみだな。。

踊りたきゃ自分から行くから。勝手に踊るもん私!

それで良いでしょー。


c0222103_16131298.jpg
イチョウに雄雌があるとは知りませんでした。↑メスの木の葉っぱのつもり。銀とアコヤ真珠のピアス

c0222103_16162878.jpg
満月(純銀)ピアス。シンプルでかっこいいです。




[PR]
by STUDIOTSA | 2017-09-24 16:56

8月です。

趣味の話。



先日久々にサルサを踊りました。

友人夫婦にお誘い頂き、便乗サルサ。

近年、サルサは年に12回のみとなっていたので、めっきり踊れなくなっているよ、、と心配な私は、インスタのサルサの動画をメインに投稿されているページをフォローしてイメージトレーニングだけはしておいたぞ!←この時点で上手く踊れる気になっていますが、現場で打ちのめされます。


行った場所は、夏らしく鎌倉の海沿い。

そもそもどこの海にも行かないのでよく分かりませんが、何年か前から鎌倉の海も音の出るイベントはダメなのね?

よって、海岸が一望出来る建物の中でビーチ(見える)サルサです。

途中、海に真っ赤な部分が出て来たのが見えて、あれは赤潮なのか?結構な彩度の高い朱色~オレンジで奇妙だったなー。と言う様子も眺められる場所。


誘ってくれた友人夫婦は2人とも踊れるのですが、カップルについて行くと何が良いかって、安心して踊れる殿方が1人は確保出来ているという事です。(って、はしたない言い方ですか?)



いえいえ。。


ペアダンスは基本男性からのお誘いがないと始まりません。どんなに暑い(熱い)空間に居ても1人長~く座っていると心身共に寒くなる。。

割合的にどうしても女性が多くなりがちなペアダンス界。踊れる男性は大変貴重です。特に紳士的で清潔感のある踊れる男性は!

実際、ご一緒したYちゃんの旦那さんは、Yちゃんが少しでも席を外した時には、間髪入れずに女性からのお誘いがありました。

これ、私にはなかなか出来ない。。奥手なもんで。

結構皆さん肉食系なのねぇ、とか思って見ていましたが、、踊りに関してだけ積極的なのかしら?



ところで、近年サルサしていないので服装もあんまりサルサ向きな用意もなく、、何年も前に買ったパンツを履いて出掛けたのですが、、流石親友!見事に服装が被りました。



c0222103_16445050.jpg

                                  ↑これ。


双子コーデって言うのかなー?へへへー。

私とAちゃんも小学生くらいまではしていたけれども、、リアル双子コーデ。今はしないよ。


うん、そうだ。知り合いのデザイナーさんの展示会で一緒に買ったんだもんね。そう言う事もある。

ま、正直ちょっと頭をよぎったけれど、随分時が経ってるから大丈夫かな~なんて思ってて、お互い聞かずに来た結果がこれです。

私達、物持ちいいね。

笑っちゃったけれど、これワザと揃えたようにしか見えないよね〜。と言う事でもちろんそのままレッツゴー。


その日のイベントはパフォーマンスも何組かあったせいで、一緒に踊った人から「それパフォの衣装ですか。」とか言われました。。違うよー。

でも、ドットパンツのお陰かな?色んな方々と踊れて寒い思いをせずに済みましたよ。良かったな!


今月もう一回くらいは行きたいなー…もうちょっと上手いこと踊れるようにならないもんかねぇ…と、外の雨音を聞きながら部屋でひとりステップを踏んでみる私。1人サルサも好きです。



[PR]
by STUDIOTSA | 2017-08-01 16:56

製作裏日記





c0222103_18585004.jpg

先日製作したものから。バングルです。

一つはアルファベットのB、素材は真鍮にロジウムをかけています。もう一つはM、こちらはシルバー製。

Aちゃんのフラメンコの時のお友達とそのお母様よりオーダーを頂きました。

選ばれたアルファベットは、お二人のお名前の頭文字とかではないので、、インスピレーション、直感で選ばれたかな!


お好みの高さ(約4.5センチ)とサイズ(全長14センチ)でバングルの形を決めて、ギーコギーコとそれぞれ金属板を切り取りまして、、磨き、


c0222103_11092582.jpg
c0222103_19031156.jpg



c0222103_19045369.jpg
トントントントン丸めてバングルの形を作り(作業台が汚いって?)

c0222103_19054494.jpg
またピカピカと磨きます。





c0222103_19092533.jpg


ここでBさんにはロジウムコーティングを。

並べて写真を撮ると違いがあまりないような。が、真鍮製のBの方がほんのりと黄色味が見えるような気がします。

さて。ここからがドキドキ!のカーヴィング作業。

最初の一点が、怖い。でもスタートしたら後はもうとにかく終わるまで丁寧に続けていくべし!

途中で下手に休むとそこから模様の雰囲気が変わってしまうので一気にいきます。



c0222103_19104027.jpg
c0222103_19211841.jpg


Aちゃんの一言、

「なんか、バカボン(赤塚不二夫漫画)の頬っぺたの模様みたいで面白いよね(笑)」


(こら〜。なんて事をこれは、もっとも緊張感のあるスタート部分。静かな水面に勇気ある一石を投じた、その瞬間ですぞ!ぷんぷん)


私の心の声です。




でも出来上がりを見てとても褒めてくれるAちゃん。

「やっぱりこれカッコいいね!!良い!これ、テーマとかあるの?」


「んー、波紋かな。もしくは波動とか?」

と格好つけてみる私。



ここでまたAちゃん一言、

「ハドウなんてポケモンみたいな事を(笑)」


(む?ポケモン、映画??そんなの知らんわ!!

これはねぇ、年輪のようにも見えるけれど、作業中のイメージとしては水面に小さな一石を投じた時に起きる波動みたいな感じ。水が振動しながら次々と波紋を広げて行く様ですよ。分かるでしょー!こらー。)



さて。

出来上がりは、少し違いが出ます。

真鍮製は、削り取った部分から地の金色が見えるのでロジウムの白と金との二色のコンビに見えます(写真では色さがあまり出てないですが…)。

銀製は、削った部分が白く見えて、鏡面仕上げの部分とのコントラストが綺麗です。

存在感のあるバングルですよ。

夏本番に向けて大活躍することを祈って!


c0222103_19222392.jpg
c0222103_19230197.jpg












[PR]
by STUDIOTSA | 2017-07-12 19:48

7月

c0222103_00341517.jpg

こちらは、見ての通りお星様のアクセサリー。

星のモチーフがそんなに好きって訳じゃないのですが(その割には、いくつも作ってるけど~)七夕の月なので星星!!

リングは縦にした時に星が真っ直ぐに見える作りです。


先月は、高校時代の友達とプチ同窓会と、美大受験時の予備校仲間との飲み会、そしてイタリア時代からの友人と会う機会もあり、私にとってプレイバック青春時代の月でした。

高校の友達とは毎年集まっていますが、今回忘年会のつもりが新年会、のつもりが今頃、となってしまいました。

5名で正午過ぎから夜9時過ぎまで喋りっぱなし。家飲みは時間を気にせず出来るので心地良いな。


予備校の飲み会の方は、45年ぶり(人によっては20数年振りか?)で、一人が発起人になって調整してくれ、私と相方のAちゃん&夫のK君(2人の出逢いは予備校~)で予備校時代の街、横浜まで出掛けてきました。

呼びかけた12名中10名は集まれたようなのでまずまずの出席率で、話は青春時代を共にした者同士の思い出話が中心だったかな。

お互い記憶している部分が微妙に異なるので、そんな事あったっけ?言ったっけ?を繋ぎ合わせて話が続きます。

絵の講評(毎回デッサンとか皆の絵を並べて先生方に色々言われるやつです)の時の話も出て、私が覚えているのは石膏像のブルータスを描いた時、O先生に「お前、こう言う男が好きか。タイプか。」とか言われた事と、パースペクティブの怪しげな静物画を私が描いた時、K先生に「なんかさ、頭悪そうな絵だよね。」と言われた事、、それを話しました。

私の中で面白かった事として覚えているけれど、言った方はもちろんそんなの覚えていなかったな。そりゃそうか。


高校、予備校共に同じ世代(講師はもっと上でしたが)の集まりだったせいか、話の途中に身体や健康の事だったり、保険(医療保険)の話だったりがチラホラと出て来てしまいそんなお年頃か。

次は病気と保険の話で盛り上がるようになるのかと笑っていましたが、講師をしていたO氏は私達よりさらに上(50代)なので「俺らくらいになるとさ、集まるとまず皆んな薬出して来るから。」との事。

飲み会始まる前に飲まなきゃならないお薬を忘れないように並べて行くって事?みたい。

日本は人生80年以上という平均寿命ですが、本当のところ健康体の期間って結構少ないのかしら?ずーん。。


帰り際、今度はいつにしようかと話が出た時、「ん~、、2年後くらい?」と答えたような気がしましたが、本当はもっと先でも良いかなと思ったり。

皆んな忙しいだろうし、そのぐらいすぐ経っちゃうよね、とも思ったし、あとは何だろう?そんなにちょこちょこ会わなくてもいいよね(平気だよね)みたいな。。

皆んな元気でいてくれたら。


よく会う友達とは、会うほどにまたする話もあって、ホントよく喋るわ!と自分でも思っちゃいますが、たま~に会えたら良い関係もある。でしょ?

ちなみに相方のAちゃんと私は、朝から晩まで、作業しながらも喋っているのが日常で、さらにどちらかが外に出た時は携帯繋げて喋っていたりもする。

でも尽きない。飽きない。そもそもそんな感覚もない。

そんな関係もある。。


そんな私達なので、昔、織姫彦星の話を聞いていた時は、1年に一回こっきり会えたってしょうがないじゃん。何それ?悲しい。余計に可哀想!って何度も思いました。

が。

夢でも良いから会いたいと願う人と年に一度でも本当に逢えるならば、、、、それだけできっと前向きに頑張って生きていけるのかも、とも今は思います。

でもな。。

会えるとなったら、やはりもっと会いたくなる、1年に一回では寂しくて、会えない期間がすごく苦しくなってしまう。どうだろう。。







c0222103_00344855.jpg











[PR]
by STUDIOTSA | 2017-07-01 00:55

何か変わったか。

c0222103_00041177.jpg



5月末から6月頭にかけての一週間の催事(最近はポップアップショップ、オーダーメインだとトランクショーとか言うの?)をして感じた事を今頃(6月末、いやもう7月1日未明か)、、書きます。

店頭に立つ事自体がすんごい久々でしたが、やらない間に自分達の意識が結構変わっていた事を発見しました。


まず


1)やる気があった。


以前は、店頭に立って自分達の作ったものを売る、簡単に言えば自分で自分を宣伝して売る?みたいな感じがとても苦痛でした。

が。今回は、単純に見て欲しい、気に入れば買って欲しいなー(当たり前?)と言う気持ちの方が強かったので意外と平気でした。




2)会場入りが早い。


展示会も催事もとにかく会場入りが遅かった双子ですが、なんとなんと大半の方々より早めの入店が出来た一週間でした。

先日の展示会でもスタート前にコーヒーを飲める余裕を持っての入館が毎日出来ていて、人が変わったような気がして満足でした。

朝の余裕って、、本当に気持ちが良い~!と知った。この歳で。

まだまだこれからどんどん良い子になっていけそうです。




3)アイデアが浮かぶ


催事の期間中、お客様がいらっしゃらない時間帯は(結構あった)ディスプレイを変えてみたり、ちょっと離れてどう見えるのかチェックしたり。結構思うように見えてこなくてなかなか難しかったです。。

そしてお客様がいらっしゃったらその反応をじっくりと観察(失礼)しつつ、何を求められているのかとか、何が足らないのかとか、こういうモノがあればもっと良かったかもとか色々頭を巡り、次はこうしたいな、これ出したいな、あれ作りたいな、とむくむくむくむく考えが湧いて来ました。

メモメモ~と2人でアイデアを描き描き描き描き。。

久々の外仕事で脳細胞が刺激されたのかな。いっぱい浮かんで得した気分です。まだ作ってないけどね。


今回の催事は、私とAちゃん2人だけで連日立ったのですが、休憩を取るついでに店内(新宿伊勢丹)を上下とも回ってみたりしました。

改めて売る側として見てみましたが、上の3階はウキウキするような売り場だったなー。Aちゃんも同じ感想。

1階がジュエリー&アクセの売り場なのでそちらで販売してみたいとは常々思っていましたが、もし機会があるならば3階がいいなー!と思い直しました。勝手に。

一体、その機会は、あるのかな。



催事に関しては次はいつやるのか分かりませんが、もっと的を絞る必要があると感じました。

色々見せたくなっちゃうのですが、詰め込み過ぎると分かりづらい事になる。特に展示会はそう思いました。

次回はもう少し変えて、、と思案中。



よし!次が楽しみ。



という気持ちも前とは少し違うかも。良いことだ。















[PR]
by STUDIOTSA | 2017-07-01 00:06