物を作る仕事のわりに、こだわりが無いのがどうもいけないような気がするSのつぶやき。


by STUDIOTSA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

南洋真珠。

c0222103_05294083.jpg

8月の宝飾展で南洋真珠を少し仕入れてきました。
お客様からご依頼のあった真円タイプのゴールドと私達が興味のあった形の変形した
個性的なケシパール(無核真珠)のゴールドとシルバー系ホワイトを少し。
今回仕入れたパールについてお客様からご質問も頂いたので
勉強がてら少しまとめて書いておきます。

南洋真珠は同じ海水産のアコヤ真珠と比べるとサイズ感はだいぶ大きめです。
真珠を作る母貝自体の大きさがそもそも違うからです。
今回仕入れた南洋真珠はゴールドとシルバー系の色のどちらも
白蝶貝という大きな貝を母貝として採れます。
なので色に関わらず、白蝶真珠と呼ばれることもあります。

真珠の色の違いは、白蝶貝の内側(外に近い部分)の色で決まってくるそうです。
貝を形成している炭酸カルシウムの結晶を繋ぐタンパク質部分の色相の違いで
パールの色が変わる、とかも習ったこともありますが記憶が怪し〜〜…。
色によってゴールドリップ、シルバーリップと種類が分けられます。
ホワイト及びシルバー色は、オーストラリアの海域から来るものが殆どで
ゴールドはインドネシアやフィリピン、ミャンマーからだそうです。

真珠においては「丸くない=変形、いびつ」と言う意味でバロックと呼ばれる真珠があります。
大きさがあっても核にうまく巻かれずいびつな丸珠になったものはすべてバロック(いびつな)パール。
ですが呼び方はその形によって、オーバルとかサークルとかボタンとかドロップとか実際は色々です。
でも一言「バロック」って言うとなんか…格好良く聞こえる。。バロック美術とかバロック音楽とかあるし。。

で。

今回仕入れた変形タイプのものもバロック型の真珠なのですが種類的にはケシパール(核のない真珠)になります。
「核」とは、真珠の中心となるもので、天然ならば貝に入り込んだ小さな石や微生物などの可能性がありますが、養殖の場合は丸く整えた貝を核として母貝に入れ、その周りに真珠層が巻いて行って丸珠が出来上がります。
(養殖では、貝の外套膜を小さく切ったピースと呼ばれる破片を一緒に入れます。ピースは貝の臓器の一部。。これがないと養殖真珠は形成されません。)

そして、核を入れないもの、または核が外に出てしまったものは、無核真珠として母貝の中で形が自由に自然に育っていきます。それがケシパール。
元々は、日本のアコヤ真珠の養殖の際に、一緒にできてしまった小さな副産物(カス。失敗作?)で米粒かそれ以下の小さなものについてケシ(の実ような)パール、と名前がついたようです。

けれど暖かな南洋で育つ大きな白蝶貝においては副産物の無核真珠も大きく育つ為、
小粒と言ってもケシと呼ぶには違和感のあるサイズのものも出てきます。
沢山出るサイズは、ネックレスなど連で使われることが多いのですが、
その中でも色ツヤが美しく魅力的な形で大きめに育ったものは、やはり希少で価値も高くなります。
今回仕入れたのはそんなパール達。見ても良し、触っても良し。





[PR]
# by STUDIOTSA | 2018-09-15 05:55

広がる興味。


c0222103_03010258.jpg


インスタ。

私は、見る専門で投稿も何もしていないのですが、覗く頻度は結構多くて1日に10回以上インスタのページを開きます。



フォローしている数は現在67ですが、カテゴリーに偏りがあります。

カテゴリー分けをしてみると、ジュエリー関連、ダンサー&ダンス関連が一番多くてそれで半分以上占めています。

でも一番見ているのは動物と赤ちゃん関連の画像が一番多いかな?

あと、自分達の商品のページ。manopigraとk18bonbonとstudiotsaの3つあります。


私個人のアカウントでは、自分の趣味で勝手にフォローしているものが多く、

あとは来る画像を静かに見ている感じで「いいね」もあまり押さずにいます。。

要するに、陰ながら応援しています、というスタンス!

一応フォローはしているので〜〜。


無駄に「いいね」押しているのは、Aちゃんが投稿してくれる自分達のページの商品写真くらい!(←仕事)


インスタの「コメント」に関しては、「いいね」押すよりも更に面倒な事なので(私にとっては)、基本的にやらないものと思っています。

以前に自分達のページに向けてテスト送信を一度したくらい。だったのですが、、


が!


先日、初めて自発的に送りたいと思ってコメントを一つ送りました。

送信先は、一応見ず知らずの人ではなくて何年も前にお仕事で一度ご一緒した女性なのですが、

今では全く関わりが無く、、彼女はフォロワーさんも多いので誰これー?と思っているかも知れない。

(私は自分が分かる形では載せていないので。写真の投稿も0だし。見る専の人間です。)

でもなんか、とにかく、応援しています!と伝えたくなりました。


彼女は、カテゴリー的には「アスリート」に入るのかな?筋肉美女です。

彼女の関連で、今まで私がフォローするカテゴリーに無かったような種類の画像が最近UPされて来ています。

褐色に光る肌をした筋肉女子のビキニ画像や短パンに上半身裸の筋肉隆々な男性の画像等。。

一瞬周りをキョロキョロと気にして携帯を隠そうとしてしまうくらいそこだけ飛び出して見えるインパクトあり。

隣が癒しの赤ちゃん映像だったりするので対比が凄い。。


最初はうわっ、何でこっち方面に行く人達っているのかなーわからない世界だわ、、と思っていたはずなのに、

皆さんのライザップのCMばりの激変ぶりを見ていたら、、

「凄い!短期間でこんなに身体も顔つきも変わるんだ~。凄いわー!」の感想しかなくなります。

特にトレーニング初めて半年~2年くらいまでの方の身体の進化と大会前の選手の方々の身体作りは、人にもよりますが本当に凄いです。


「ボディービル」と言う名称くらいしか知らなかった私ですが、今は女性はフィットネスビキニとか、ボディフィットネスとか、フィジークとか、いくつも種類があってジャンル別の大会があるのですね。主催も1つじゃないのかな。


私のフォローしているY子さんは「フィットネスビキニ」と言うジャンルの選手と言うことなのですが、

彼女を見ていると、なんか、自分も興味出てくると言うか、、

変身!進化!って言葉がぴったりの変わりっぷりに、もはや羨望の眼差しを向けています。

お尻って作れるんだなーと。

身体トレーニングで顔つきまで精悍に変わるんだなーと。

もともと彼女は美大出身の方なのですが、今はご自身のボディーの造形に邁進しています。

ジム&エステで他の選手のボディ作りのための施術等もされています。


で。


マッチョな人達って鏡見て自撮りして筋肉自満すると言うイメージだけだったのですが、

彼女のインスタを見てイメージが変わりました。

大会に出る人間ならば実際にどう映るか、ちゃんと見ないといけないし、

トレーニングした内容が意図した効果をもたらしているのか、常に確認も必要なんだなと思いました。

ただの筋肉自己満の方も多いかも知れませんが、彼女のように分析がきちんと出来るかどうかで

大会毎に伸びて行く人と行けない人の差が出るように思います。


Y子さんの出ているフィットネスビキニの大会は、年齢や(他のジャンルよりも女性らしい美ラインが求められるそうなので、、やはり若い方お得かな)、元々その人が持っているポテンシャルに依るところが大きいそうなので努力だけではどうにもならない厳しい現実があるそうですが、

それを冷静に頭に置きつつ、自身の可能性を最大限に引き出す努力をする。尊敬。。

そして彼女は謙虚、一生懸命、見た目の華もある。

インスタからの覗き見ですがとにかく応援したい!となっちゃいました。


Y子さん、陰ながら応援しております!

この後の大会結果も期待しちゃうなー。

新しい興味の扉を開いてもらった感じでインスタにも感謝。



c0222103_03122830.jpg

↑記念すべき、インスタ投稿第一号は4年前で個展の時の写真でした。あ。私、この頃はいいねも押してなかったんだなー。。





[PR]
# by STUDIOTSA | 2018-09-15 03:31

8月です。


c0222103_12043734.jpg

夏が来ると思い出す。


二の腕の肉を。


昔は、筋っぽく、筋肉しかない腕が恥ずかしかったくらいなのに。

電車のつり革に掴まる時も上腕二頭筋がボコっと出ないようにするのにすごく気を使っていたのに。

なのに。。


バレエをやめて大した運動もせずに早15年も経つと今や、

ぷよよーーーん。


私の腕もこんなになるのか。。


私のお尻はどこ行った?


あー、、、いやですよ。



とりあえず、もう遅いけどなるべく腕を下げないように過ごしています。

なんつーの?少し身体の側面から離して浮かした感じの位置でキープしている感じです。


肉減らなくても少し張りを持たせてマシに見せようと言う考えです。

努力にも満たないのですが意識だけでもしてみようかと。


ま、夏過ぎる頃には忘れているかもしれませんが。。



c0222103_12212423.jpg




[PR]
# by STUDIOTSA | 2018-08-08 12:12

いい加減?良い加減?



c0222103_23130331.jpg
c0222103_23284928.jpg
c0222103_23294255.jpg


手作りの良し悪しについてです。


ハンドメイドが売り、と言うかハンドメイドが普通のマノピグラの商品ですが、それならではの良し悪しがあるかと思います。

特徴として思いつく事を書きますと、、


時間がかかる。

線をねじる、糸鋸で金属板を切るところからもやっています。手が遅いと言うのもあります。。


数が出せない。

出す必要ない。今のところ。


個々の仕上がりが少し違う。

個性色々のかわい子ちゃん達です。どうぞよろしく。



ピシッ!としていない。かも知れない。。あじ、です。



上記全体、良いのか悪いのかで言うと、、分からないけれど全体肯定したい気持ちが大きい。。




でも、ハンドメイドか否かに限らず外すべきではない点はあるかと思います。


例えば、


納期。

言った納期は守るよう頑張ります。。


仕上げの丁寧さ。

これ結構難しいところ。常に良い塩梅に持っていく努力をしていますが、希望と違えば教えて下さい。。


耐久性。

お修理します。長くお使い頂きたいです!

少し歪んだ?あ、それは普通です。ウチの。。(こらーっ)


当然といえば当然の事ばかりですが、実際守れているかどうか考えるとドキドキ。




あと、製作者として、良いのか悪いのか本当に正直分からない場合もあります。


私の中での良い塩梅のつもりが、人から見たら何だかいい加減、、と感じられる事があるかも知れませんし、

逆にそこまでこだわる必要あるの…?と思われる時もあるかも知れません。(性格の話みたい?)



いい加減なことしないで下さーい。と、


いい加減にして下さーい。。と。



この中の線引きは人それぞれで、難しい。


ま、丁寧に越したことはないと思うので、丁寧な仕事を心がけたいです。好きな味を保ったまま。





んー。


とりあえず、コーヒー飲もうかな。



c0222103_23353467.jpg







[PR]
# by STUDIOTSA | 2018-06-09 23:52

展示会や催事のこと。



c0222103_03583182.jpg

おっとっと、、またすごい月日が経ってしまいました。

季節の変わり目しか書いてないかも。


2月上旬の大阪での催事の後、下旬には五反田のTOCビルでの展示会がありました。

この後、期間限定のイベント予定がいくつかあります。


自分で立って売るのはあまり得意とは言えない私達ですが、今年はもう少し自分達で積極的にお店等に立つ機会を作ろうと決めて、動く事にしました。

そう決めたら、前向きにどれも楽しみにもなってきたので良い傾向です。


ですが、ちょいと心配な事もあります。

一つは、商品ディスプレイのこと。

展示会でもこの前の大阪の催事でもそうだったのですが、いくら商品を並べても出したい世界観みたいなものが全く見えて来ない。

写真一枚の方がよっぽど伝えたい商品の雰囲気を出せている気がするのは気のせいか?

並べる物が増えてもバラバラ感が増すだけって何でだろう。

修行が必要だな。。


あと、トーク。

気の利いたトークが出来ない、とか言うよりも何と言うか使う言葉が非常につまらない私です。

この前、あるサイトでイタリアのピッティウォーモの展示会風景の過去動画を見たのですが、おじさん達(イタリア人だけじゃないかも)がすごい語る語る!

日本人だと「ベージュ系」で終わっちゃいそうな色の説明を「赤道直下の熱い土の色を参考に」とか言うし、あと別の人も白と青について「白と青、これは夏に欠かせない大切な色で」とか表現するし。


それに比べて途中に出て来た日本人のファッション評論家の紳士は、「ジャージー素材でシワになりにくいです。」とか「幅を変えたストライプ。そこがポイントです(はい、見たらわかります!)」のような事を言っており、、



なんか、違う。。ぜんっぜん違ーう!!


(片や出展者のブランド側の人間、片や観てまわる来場者、なので違うのかも知れませんが。。でも、それだけじゃないな。)




そうだ、あともう一つ見た動画でもザ・イタリア人なおじさんが自分の着こなしの説明をするときに、「だって、自分はナポリ出身だから、白と青が完璧なカラーなんだ、自分にとっては。地中海の色が好きなんだよ。」なんて言ってましたよ。


くぅ~~!何だよそれー!(シビれる双子)




で。

これを見た私は、見て分かる事を言うのはとりあえずやめよう!と誓ったのに~、、

「あ、これはペンダントトップなんですけど、18金で、ダイヤ入ってまーす。」と、相変わらずのノータリンな言葉を発していました。

焦ると、益々そんな感じになります。



言葉もセンスですよね。

いくらかっこええ~と思ったとしても、自分の感覚に元々ない言葉を頑張って使うと自分の歯がカタカタ浮いてきちゃいそう、、なのでそれは私は出来ない、と思う。


んー、でもせめて、思っている事は商品コンセプトも含めてもう少し恥ずかしがらずに話せたら良いのになぁと思います。

ま、先日の展示会では早々に諦めて、用意したDMをせっせと配ってしまいましたが。(一応は考えた言葉が並んでいるので私が喋るよりはマシかな~と


作品作りもそうですが、それ以外にも色々学ばなきゃならない事がまだまだ沢山あるのねと、ここに来て凄く思います。



c0222103_04004787.jpg

先月の大阪での催事の前に、売り場のシュミレーションをしておこうと思い、お借りする什器の縮図(1/10くらい)を作ってはみたのですが、全くリアルに想像が出来ず手こずりました。。お客さんが欲しいよ〜と人型を探し回ってお子ちゃまのプラモ(ガンプラなの?)を見つけたので置いてみた。

皆さん程よい大きさでなんかちょっと売り場の感じが掴めて来たような?





c0222103_04130326.jpg

でも、よく気のつく姪っ子ちゃんが「Sちゃん、これ取れてたよ、つけといたから!」と言って、いつの間にかお客様たちに武器を装着してくれちゃったので、皆、機動戦士になってしまい、売り場は戦場に変わっていました。

一応、お礼は言ったけど。要らないの。












[PR]
# by STUDIOTSA | 2018-03-07 04:37