物を作る仕事のわりに、こだわりが無いのがどうもいけないような気がするSのつぶやき。


by STUDIOTSA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

…な日々。

c0222103_22413974.jpg

先日、やっとテンテンテンな日々から、解放されました。

私の腕が未熟だった為に練習から本番まで大変時間がかかってしまい…
結果、予定よりもだいぶお待たせしてしまいました。。(いつもの事?)

こだわりのご依頼主である新郎Y様、いままで頂いたオーダー品も個性的でしたがマリッジも個性的〜。
既にある程度ご希望とアイデアは決まっていらっしゃったので、私の仕事はそのご要望を実現すべく、どのような製作方法を取るべきか考えるところから。
参考にされたいリングの写真を拝見し、写真だけではちょっと判断がつかない要素があったので、参考商材の現物も見に行きました。


ん??


写真写りと実物が結構違う方ですね?

写真で見た時は、リングがバングルになるくらいの拡大画像だったせいか、判を押したように整然と並ぶドットが印象的でした。一方、実物のリングはその点1つ1つは見えないくらい小さく、細かなキラキラしたマチエールがリング全体を覆う印象で、リングは思ったよりも華奢でした。


製作方法で言うと、

写真の印象は、3DCADを使ってモデリングしたような。

実物の印象は、タガネでコツコツと点を手打ちしたような?

どちらが良いとかではなくて、、印象が全く違う。
さて、どちらに近づけるかな?


実物やサンプルを見ての場合は、実物の持つ印象に忠実に進める事が大事なのは当然です。
が、写真やデザイン画だけをご覧頂いている場合は、実物よりも写真やデザイン画のイメージに近づける事が大事になる可能性もあります。
と、私は思います。

そうでないと、デザイン画と違う!写真と違う!全然頼んだものと違ーう!となってしまうかも知れませんので。。

今回、お客様は実物をご覧頂いているので、実物の持つ印象に近づけるのが妥当かな?

でも、、
見てからだーいぶ時間が経ってくると記憶はどう変わるのかしらー…
イメージとして残るのは、実物ではなく手元にあるデータ(写真やデザイン画)に変わってくるのかも?
ヤバイ…
私、仕事が遅いので危険ですよ。
元の印象を忘れさせちゃうほどお待たせする危険性アリ!

と、言う事でまずは自分の描いたデザイン画に移し替えてご提案。
お客様のご希望で、お互いの誕生石であるルビーとガーネットを二つ並べた個性的なデザインです。
ガーネットは、カラーが豊富な天然石です。
赤いルビーの横に置くので、せっかくならと赤以外も色々ご提案。
表面に入れるマチエールも全面、半分、部分的にとバリエーションを持たせます。
c0222103_22452554.jpg


…そうやって、もしや元のリングの印象を消し去る作戦なのか⁈


しーん。


のんのん!
これは、お客様だけのオリジナルデザインのリングにする為でもあります!

お客様がお選び頂いた石は、グリーンガーネット。
c0222103_22475477.jpg

ルビーとの対比が鮮やかなり〜。

今回の製作で一番時間を割いたのは、表面を覆うドットの試し仕打ち(猛特訓)です。
点の大きさやら、打つ間隔やら、穴の深さやら、色々やっても何が正解なのかイマイチ分からないですが…。
シルバーリングを土台に試作をし、写真に撮り、お客様にご覧頂いて判断を仰ぎます。
結果、少し小さめの点の方が良さそうだと言うご判断を頂き(私もそう思いました!)方向性がクリアーに。

さて。
ドットの試作を続けながら土台のプラチナリングを製作します。
量感のある平甲丸内甲丸のリング。
内側は角を削り取った大変指馴染みのよい内甲丸と呼ばれる形です。
外側は、気持ちカーブのついた平打ちです。

c0222103_2248398.jpg

リングに石枠も付けて〜下書き線も付けたのでー…そろそろ本番行っちゃいますか⁈
が…いざ本番のプラチナリングに点を打つ事を考えると恐ろしくってなかなか手が出ない気弱な私。

よって、試作ばかりが増えて行きます。

…てんてんてん…てんてんてん…てんてんてん…

ひたすら打つこと何千回?

この為に新たに調達した道具。

c0222103_22491676.jpg

リングを支える、ヤニを使わない彫刻台とリングの押さえ。

c0222103_22494319.jpg

このドット用に追加したポンチとタガネ。


あと、拡大ルーペ&眼鏡。


あ。
もちろん、これらお道具代はお品代に含まれませんよ。
私にとって財産となるのだから!
今後もちゃんと使えば。。


フルオーダー品は、言うならば一期一会のようなもの。
初めてのそして最後のような、異なる注文とデザインがほとんどです。
そうすると、作業手順も内容も違うので気の小さい私は常にドキドキ。
小さな心臓を震わせながら、オーダー品は受けております。

やってやれない事はないだろうと受けて、途中から後悔する事ばかり。。
(↑誤解させますね。作業途中のいつもの心境です!)

そして、出来上がり納品するまでのこれまたドキドキが。。

で。

お二人に気に入って頂けたようです!

ほーっ。。


修行を一つ終えたような、、幸せを感じます。


c0222103_2372080.jpg

c0222103_22584854.jpg



Y様M様どうぞお幸せに〜。
[PR]
by STUDIOTSA | 2015-06-27 23:12