物を作る仕事のわりに、こだわりが無いのがどうもいけないような気がするSのつぶやき。


by STUDIOTSA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

学びの季節到来です。



c0222103_2365118.jpg

こちらは、いつも催事を一緒に頑張ってくれているM嬢へのバングル、Anamorfismoの[M]です。

c0222103_238858.jpg

内側にネームのイニシャルを刻印しています。みえるかな〜?



さー。10月も後半と言う事で学びの季節です。

と言う事で、先日は久々にスペイン語のレッスンを受けました。
スペイン語の先生が仕事でキューバに帰っていたり、自分の催事が入ったりで、かれこれ2ヶ月程ぶり。

その間、キューバ人のあるご家族を御徒町にご案内すると言う形で「実践スペイン語会話!」なるチャンスが二回到来し、四苦八苦しましたよ。。

これ、一度めはスペイン語の先生がいたので良かったのですが、二度めは先生は用事があるとかで来なかった!
よって、私一人でご案内と言う、よりハードな実践会話の日となりました。。(途中、同業のMちゃんが合流してくれましたが)


以下、人任せな半キューバ人との電話でのやり取りです↓*すべて日本語。。


先生「今回、奥さんとお母さんだけですが、またネックレスとブレスレットが買いたいって言うから御徒町案内して下さいよ。あなた二回目だし、大丈夫でしょ?」

無責任な半キューバ人。


私S「えー…えー。。あのー、私のスペイン語知ってますよね。私だけでは、やばいでしょ!」


先生「んー。。」

しばし沈黙。

先生「分かりました。では、こうしましょう!」(名案浮かんだの⁈途中来てくれるのか?)

「あなた、イタリア語少しわかるんでしょ。イタリア語になっても良いから!彼らはだいたい通じますよ!」



…アホか!!

と、思いました。無責任に変わりはなかったようです。
でも、人の良い私、結局それを受けてしまい案内の為、御徒町に。。

ここで私も酷いのですが、、彼女達をなんと1時間も御徒町でお待たせしてしまいました。。
ラティーナ達を1時間も待たせるなんて~…
日本人失格です。

前日、先生には「私はたぶん昼過ぎに行きます~」って答えたのですよ。
昼過ぎって色々解釈出来ますが…作業の具合で何時に行けるかハッキリ答えられなかったのもありましてこのような言い方に。。
それなのに先生は、「Sは午後1時くらいに御徒町に行く」って先方に伝えてしまった。おい!
さらに、それを私がスケジュールの確認の電話を当日するまでこちらには伝えもしないなんて…無責任な~。
もちろん、出る前に分かったので「到着は少し遅れると思いますよ!」と伝えましたが、、私は伝えたよりもさらに40分以上遅くなってしまいました。結果、一時間遅刻です。。


は〜。

時間通りに行動出来ないって、日本人の良いところの8割方は失っているように思うのは、私だけでしょうか…?
あとの2割のうち、ハニカミやさんとか、謙虚とか、親切とか、礼儀正しいとか、日本人の特徴としてよく言われる類、そう言うのはある(勤勉さは除いて…)かなー。自己判断です。。


もー、仕方がなーい。


で。

この南米のお客様のご要望は、前回同様にチェーンタイプのネックレス、あとブレスも欲しいと言う事で、一緒に見に行きました。今回も買った買った。いいねぇ!
その後、足の指を怪我して靴が履けない状態だったママさんに「サンダルが欲しい」と言われ、近くのアメ横に入り、百貨店も合わせて何軒かブラブラとしましたが、残念ながらサンダルは季節がら既に終わっていました。

さて、、その説明がしたくても、まず情けないくらいに単語が出て来なかった私。

…夏、えーとスペイン語で何だっけ?
夏だよね、夏、夏が終わってるからって言いたいの私…。


「Estate(エスターテ)夏」


って、イタリア語でまず言ってみたが通じないみたい。。何だよ、先生の嘘つき!

仕方なく、

私「サンダル終わったの。ないの。」

ママ「ん?」

私「サマーサマー、終ったから。」

ママ&彼女「ん?」


きゃー…マズい。
ピコピコ(スマホ操作中)… 出た!


私「verano (夏)」

「↑季節も終わりだからサンダル売ってないって言いたかったのよ~。」

二人「あー、オッケー!」

みたいな!


いやー。。やっぱり。

遠くの先生より近くのスマホ。ありがたや〜。


で、サンダルは結局どの店もほぼ無くて、諦めてタクシーの乗れる所でお別れをしました。
その後は自分の用事を早急に済ませ、御徒町から少し疲れつつ帰って来ました。
ほ〜…終わった終わった!よかった〜。。

が、家に着いてしばらくすると、



頭痛がする~。。

吐き気もして来たよ~。。



風邪かな???

Aちゃんにとりあえず、頭痛薬を持って来てもらえるように頼んで横になっていたら、、


ううー。
うっ。


吐きました。


吐くなんて、、何年か前に年甲斐もなく変な飲み方をして酷い目にあったあの時(って何だ?)以来だよ!どうしたの、私⁈


おー。頭が痛い~。割れそうだ~。

気持ち悪い~。。


とても頭痛薬も飲めそうもない状態で一晩経過。


で。

朝はちゃんと健康が来ました!良かった!!


これって、、
私、もしかして、久々に頭を使いすぎちゃったって事、あるかしら??


で…ふと思ったのがウチの甥っ子ちゃんの事です。
彼は宿題で本当に頭が回らなくなると頭から湯気が出てくるようになって、


「心が痛い~。」←動悸?


「目がチカチカして気持ちが悪い…」←眩暈?


「喉がカラカラになった~!」←どした?


「お尻がムズムズするよ~。」 えっ⁈


と、面白い程に色々な不調が出るのです(本人は至って本気)。

たぶん、これと一緒じゃなかろうか?と。
自分のキャパ越えしちゃったのかなー。。でも、このくらいで〜?!

スペイン語力の問題もあるけれど、たぶん、プレッシャーに弱いのが問題なのかなと。
もともとそうですが、舞台とか試験とかの本番にちょー弱かった私です。
気が小さい。ネズミさんのように。。
それが変わっていないのだとしたら、かなりショックです。。

年を取ってきて、怯える事も恥ずかしい事もなくなってすごく生きやすくなったな~って思っていましたが、、それは単にそう言う目に合わずに済んでいただけだったのかしらん?

うーん。。

本番のプレッシャーに弱い人間ができる事は何でしょう??


何事も準備、勉強、練習しておく事。
そしていざとなったら、別にこれですぐ死ぬわけじゃない、と諦める事。

かな?

しかし、私は勤勉ではないから、まずは自分を手放してプレッシャーから開放する意味での諦めから勉強した方が良いかな!
なーんて、今日も色々諦めたし。。これ以上諦めが早くなってどうする?ダメだ!

もしくは。
色んな機会を積極的にどんどん増やして慣れて行くってのは…アリか?
そうやって経験を積んで行けば、最終的には何事にも動じない人間になってるかも?

そうしていつか、、堂々とした、且つ、おおらかな素敵なマダムに私はなれるのでしょうかね…?
今は、年齢のわりに度胸が無いようにも思うので、言ってみれば「こばさん(おばさんの格下)」の段階です。



何だか分からないけど、頑張ります、、おー!
[PR]
by STUDIOTSA | 2014-10-21 00:06

時の表現。

あー、時間が経つのは早ですね。。もう10月か。

c0222103_45911100.jpg

c0222103_512673.jpg

c0222103_51345.jpg

これ、縦にながーい数字のピアスです。
耳に着けると下にシューーーっと伸びていたり、はたまたゆっくりととろけて落ちて行くようだったり…そんな感じで、時をテーマに形にしています。


時の感じ方は、人により、また置かれた状況により様々だと思いますが、
時計を見る限りは、いつも同じ調子で等しく時間は過ぎて行くようだけれど、とてもそうとは思えない時が多々あって…不思議ですね。

さて。

今回のながーい数字のピアスは、先月お誘い頂いたイベントが時計屋さんでのファッションショーだったと言う事もあり、時、及び時計を念頭に置いてデザインしました。
時をテーマにお洋服のコーディネートとしてカッコ良く、目立つ形のピアスにしたいのね~。
と思っていたら、シュールレアリスムのダリの絵がすぐ頭に浮かびました。
邦題は「記憶の固執」別名「柔らかい時計」となっているようですね。
時計がフニャフニャになっている有名な絵です。分かるでしょうか〜?

あとね、ウチにある三分砂時計が同じく頭に浮かびました。
昔100円ショップで買った、「約3分」とシールの貼られていたピンク色の砂が落ちる時計。。

ダリのフニャフニャ時計の絵、昔見た時には特に何も感じていなかった気がするのですが。
どちらかと言うとグニャリとした時計の絵なんて、子供じみた印象で大人が描くには格好悪いと思いましたし、、でも記憶には残るんだから…ダリの勝ち?

ダリが実際何を思ってその柔らかい時計を描いたのか知りませんが、淡々と非情に時を打ち続ける時計を見ているとね、、フニャフニャと歪めてやりたくなるような気持ちになるのも分かる気がするなと。。
時 or時計の表現としてアリかも~なんて気持ちで…チェック!!
(えーと、インスピレーションを頂くと言う事です…)

もう一つ私の頭に浮かんだウチの約三分砂時計。。
これ、恐ろしい速度でピンクの砂が落ちて行くんです!
ガラスがくびれた真ん中を凄い速度で落ちて行く砂を見ていると眩暈がしそう。。
この砂の落ちる速度で私は老化していて死んで行くのか~い…とか思ったら、これは時間を無駄に出来ないわ!と言う気持ちにもならず、、何か、逆にもう全て諦めそうになっちゃうよー…と気分はダメ人間。いけませんねー。


ささっ、えーと、
溶ける時計と落ちる時間ねー。


ん~。。なんか、来たよ来たよー。。

お。

チーン!

で。
結果、こーんな長い形になりました〜。
耳から落ちて行く数字って、カッコ良いと思いますがどうでしょう。
c0222103_5261876.jpg

c0222103_5311994.jpg

綺麗なモデルさんと素敵なドレスでかなり持って行ってもらってますけれど!


ところで、
「時が流れる」って、よく使われる表現で私も使っている言葉ですが、時と言うのは本当に流れるものなのでしょうかね…??

「流れる」と言われると、ゆっくりとか速いの差はあっても水か風のようにささーっと止まらずに過ぎ去って行くような、その後には何も残らないような虚しさを私は少し感じます。
砂時計を見る時みたいに。考えるとちょっと怖いような?

でもそれとは逆に

「時は流れない、それは積み重なっていく」

なんて表現もありましたね。
昔、ウィスキーの宣伝に使われたキャッチコピーです。
なーんて、かっこいい!正反対の時の(酒の?)表現です。。

時は流れず「積み重なる」なんて言われると、何だか少しホッとしちゃいます。
無駄がいっぱいの私の人生もただただ流れてしまった訳ではなくて、、何かしら積み重なって出来ているのかい⁉なんて…慰めになるし。

ようは感じ方次第かしら!?

まぁ…
私はやろうと思っていた仕事が予定時間に出来ていなかったり、、
乗ろうと思った電車の時刻に間に合わなかったり、、
遊んで夜更かして気が付けば明け方になっていたり、、
そんな風に過ぎて行く事ばかりの毎日なので、時は積み重なるものだなんて感覚は…実際は一度もありませんが!



やっぱり、光陰矢の如し。かな〜。
砂時計の砂が落ちて行くように、時間は過ぎるのかも知れません。
せめて感覚は自由に、焦らずにゆっくりと、もしくは潔く、自分の時を刻んで生きたいと思います。。
と、言いつつ、製作合間は携帯ゲームに時間を割いているアホな私です。


c0222103_5211224.jpg

[PR]
by STUDIOTSA | 2014-10-12 05:22