物を作る仕事のわりに、こだわりが無いのがどうもいけないような気がするSのつぶやき。


by STUDIOTSA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

記憶の為の覚え書き。


c0222103_232933.jpg

この春より、お取り扱い頂く事になったお店の名前にちなんで、久々登場の月のピアスです。
ダイヤモンドの付いた月のピアスは片耳用の単品となりますが、石無しの月には望まなくても月に誘われ、蝙蝠が一匹付いて来ます。。
c0222103_255497.jpg

月は銀製か真鍮製となりまして、個人的には銀色の月には金色の蝙蝠、金色の月には銀色の蝙蝠、というコンビの組合わせが好きです。

c0222103_272253.jpg
もちろん金金or銀銀でもお選び頂けますよー。


月もコウモリも日本では昔から人気のあるモチーフのようですが、俳句など詩歌の中では「月」は秋、「蝙蝠」は夏、を表す季語となっているのですね。
蝙蝠はともかく、月はいつだって見えるのにね(って、見えないときもありますが)。
勿論、他に形容する言葉が付けば「春の月」だったり「冬の月」だったりするわけですが、ただ「月」と来れば、それは秋の月の事。。
その昔は、秋の月は他の季節とは比較にならない程美しく見えたって、事でしょうか?

お陰様で私は、、満月が見えるお月見の日は9月か10月の年に一度きりだと、ずーっと思っていました。
他の季節に丸い月を見ても本当の満月(真ん丸)ではないと思っていて「ほら見て〜!満月みたい!今日のお月様は満月みたいだよ!」と言っていましたから。かなり大きくなるまで。
ひと月に(だいたい)一度は満月になるなんて、知らなかった。。
半月や三日月形なんて左右(上下?)で2度は見えるなんて知らなかった!
なーんにも勉強も観察もしていなかった証拠ですね。


ここのところお天気が悪くて月も見えない夜が結構ありましたが、先月の春分の日の終わる夜中に見た月はとっても印象的でした。私の記憶のある中で現在ピカイチ賞です。
月は満月ではなくて、もう半分くらいになっていましたが、それでもたっぷりとした印象で、上の方がシュパッと形良く切れていて、黄色みが強く内側からじんわり発光している感じがしました。
あと、コブシの花の香りが辺りでふわーっとしていました。
昼間には感じられなかった強い香りで、たぶん雨が上がった後で少し湿度の残る空気のせいだったかも知れませんが、それがもう、たまらん色気のある良い香り。。だったので、ますます印象に残る月夜になっています。

で。
一週間程前にそれと似た雰囲気の月を夜中に見つけて、一瞬だけひと月前に戻った感覚になりました。
その時の感覚と気分が蘇って来て、お風呂上がりで身体が温まっていた事や、ちょっとお腹が空いていた事まで思い出してしまいました。

でも〜。

今回は花の香りが全くなかった。。
そうすると…月の色も違う、光り方も大したことない、とか思えて来て…
前回のように感動したい!と私は思っていたようですが、一気に気分がしぼんでしまいました。。
最初のトキメキは2度はないと言う事かーい?

ま、仕方がないですが。
月に一度同じ形の月は出ても、あの月はもう見れないのかもしれないのね、とか思ったり。(ちょっと大げさ?)
少々センチメンタルな気分になってしまいました。

なーんて、一年後くらいに見れるかも〜。。覚えていたらねー。
[PR]
by STUDIOTSA | 2013-04-26 02:30

なんちゃって○○。

んー。何が、なんちゃってなの?


c0222103_2245999.jpg

上は金線をよりよりした縄編のリング、下は縄目模様にワックスを削り出して原型製作したリングの腕です。製作途中でちょいとススけておりますが。。

と言う事は、下のリングが「なんちゃって(縄)!」って事かい?


ま、そうです。

「なんちゃって○○」とか言うと、聞こえが良くない感じもしますが、、、
正直、下の方がずっと時間のかかる、繊細な、気を使う作業でしたよ(私にとっては)。


だったらさ、いつもみたいに線をよって縄目にすれば良かったじゃない?

と言う声も。。


ノンノン。それはダメよー。


何でよ?


だって。
この太さで線をよったら無骨になっちゃう。
なんてったって1号サイズの小さなンピンキーですからね。ほれ。

c0222103_237416.jpg

私、残念ながら入りませーん。。

かと言って細い金線で作ったら、、可愛らしいかもしれないけれど、、この場合はせっかくの石が勿体ない気がします。
元は、プラチナ台に取り巻きダイヤも付いたタイタックの主役だったお方です。
もう少し、重みも感じるリングにしてあげたかったの。

あと、もう1つ。着け心地の為。
リング内側のくぼみ等にお水が入ったりしてお肌が荒れやすい、と言う事だったので、なるべく隙間に水やゴミが入りにくい形にしてあげたかったと言うのが理由。
金線で作ると、当然内側もナワナワしてしまうので、、
今回は、このように穴もなく、内側はつるんとしていた方が良いかなーと思ったワケです。
c0222103_22273688.jpg

どうよ?


c0222103_2243065.jpg

とか言って、、こんな風にハートを強調したくて穴を開けてみたりもしますが…。



ま。とにかく、

このように「なんちゃって」には、意味があるのですよ!

誰も文句言ってないって?


へへ。
いーのいーの。勝手に言ってるの。いつも。




c0222103_2331450.jpg

ほら、混じっても違和感無し!どちらも良いでしょう?いかがでしょう?
[PR]
by STUDIOTSA | 2013-04-22 23:20