物を作る仕事のわりに、こだわりが無いのがどうもいけないような気がするSのつぶやき。


by STUDIOTSA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これも正夢と言うのか。

c0222103_1148267.jpg

写真は全く関係ないけれど、蜘蛛ピアスと蜘蛛の巣リング。
で。趣味の話です。
タンゴシューズを先生から購入し、3回目履いて修理が必要になり、お預けしてから随分と経つ…。ちなみにアルゼンチン製らしい。
先生はラティーナなのかしらやっぱり。修理後も毎回持って来るのを忘れてしまい、そのまま3週間の海外ツアーに行かれてしまった。
先週戻られて、一応メールもしたけれど「Sちゃんゴメン…。」と言う事で、お預けですね!
ま、いつか受け取れるからいっか〜、と思ったその夜に夢を見た。
内容は、確か茶色だった私のシューズが、戻って来たら水色になっていたの…。はて?
夢の中では思考も夢使用なのか…「そうかぁ、直して色も変わったんだなー。」と思った私。おかしいよ。
そして、次のレッスンの時の事。持って来て下さったのは、オレンジ色のシューズで私のではありませんでした。誰の?
ちゃんちゃん。
次回は受け取れるのかな…。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-05-27 11:48 | 仕事

青いアパタイト

c0222103_1452855.jpg

あー。昨日まで良いお天気だったのに。
でも。五月晴れと言うだけあって5月に入って結構晴れの日が多かった。気がする。
ん。「五月晴れ」は梅雨の合間の晴れと言う意味もあるの?なんてややこしい。
晴天の喜びもつかの間。すぐに梅雨はやって来るのでしょうね。
その前の4月だって、雨量的には立派な雨季だったのにね…。
梅雨と言えばこの辺りは専ら6月。6月の誕生石は日本で一般に「パール」又は「ムーンストーン」とされていますが(ちなみに今月は「エメラルド」もしくは「翡翠」だそうな)、
正直、この先の日本の雨季や汗ばむ季節のお肌にパールを身に着けたいと思うかなー?と言う疑問がチラリと浮かぶ。
でも。June bride→純白ウェディングドレス→ホワイトパール。売れる…なのかー。なんて思ったり。
季節的には春先や爽やかな今頃、もしくは秋から冬かけて空気がピンッと澄んで来る時期なんかがパールはピッタリな気がします。と、勝手な意見。
あ、ホワイトやピーコックカラーは真冬もいいかなぁ〜、とか言ってたら殆ど全ての季節が挙がってしまう?
要するに好きな時に身につければ良いだけですね…。
で。来たるべき梅雨の雰囲気にもっと相応しい石はないかしらん?と、またまた自分勝手に考えたりして、これも良いのではないかしら。
特徴的な青色のアパタイト。
しかも涙型。なんだか雨みたい?ちょいと脆いのが玉にキズ…でも綺麗。
雨の季節にも合いそう、でも湿っぽくないSky!な青です。
ゴールドと冴えた青の組み合わせ、好き。
雨の季節は苦手だけれど、必ず来るもの。日本に住んでいる以上、長かろうと短かかろうと避けては通れない季節…。
なんとか五月晴れの如く気分よく乗り切りたいものよ。
しかし。晴れるとウキウキ、曇りでソワソワorドヨ〜ン…、雨でじとーっと無気力になりそうな、ハメハメハ的な私。一体どうすれば良いのかい?
まぁ、自然に逆うのは、無理でしょう。
では、梅雨の間は日本脱出する?
くっ、できませーん!
引きこもる?
作業中は常にそんな感じですが…屋内でも天気の良し悪しは感じるの…。
んー。
避けられないならば、ウキウキもドヨ〜ンも、じとー…も、その日のお天気のまんま、受け入れた方が楽なんじゃなーい?
と思ったら、とりあえずは気が晴れちゃった。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-05-19 14:05 | 仕事

BKスターサファイア

c0222103_21412495.jpg

c0222103_2141247.jpg

これは、銀の板にエッチングで起こしたリーフ模様をプレスし、ブラックスターサファイアを入れたペンダントヘッド。
男性のお客様よりオーダーです。梵字「アン」の文字が渋いです…。
ところでアレ、見えますか?見えない…。
あら。では、今度はどうでしょうか?見えますか…ね。
さて、何でしょう?
光源と見る角度によって、表面の景色の映り込みとは違う、不思議な六条の光り(スター)が現れる。。
光りが一本だとキャッツアイ(効果)と呼ばれたりするけれど、その原理は同じらしい。
石の内部にある針状の結晶に光りが反射して浮かび上がる。
結晶の走る方向が多方向あると四条(十字)だったり六条だったり十二条だったり光線が交差して浮かび出る。
面白ーい。ね。
写真のような、つるりんとしたカボッションカットにしないと効果が出ないらしい。
資質はあっても、カットと磨き方を選ばないと「スター」は誕生しないのね?なるほどー。魅力的だわ。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-05-17 21:41 | 仕事
c0222103_1951350.jpg

c0222103_1951381.jpg

一つは18金にダイヤでアルファベットを入れたペンダント。
シリーズ名は「1グラム」と言います。
もう一つは真鍮チェーンと大粒の天然石を組み合わせたロングネックレス「10メーター」。
よく、相場で金の値段はグラム幾ら〜なんて言うけれど。(最近上がり過ぎでしょう!!)
金1グラムって一体どんな感じよ?ちょっと気になるね。
重みと大きさの把握がしたいもんだわ…。と思った。
金相場での「金」とは本当は純金を指しているけれど。
とりあえず18金でいいんじゃなーい?と、言う事でやってみた。
1グラムに量った18金をボ〜ッとバーナーで溶かしてみる。固まりをつぶしてみる…。
さて。1グラム。思ったより重い。そしてこのサイズだと厚みが結構出のるねー。
ほほ〜っ。
ちなみにチェーンの通る縄目のバチカン部分を除いて、重さ1グラム。
なので、実際は「1グラム+α」です。形はそれぞれ微妙に異なる。
いい加減?ま、好きにさせて下さい。
そして「10メーター」。
これ、ずばりチェーンを10M使った10連のロングネックレス。。
素材調達の際、チェーンは10Mとか20M巻きの単位で買う事が多い。
ふと、考える…10Mってどんだけ長いのよ?
体感してみたいな…。
10Mの束を両手で持ってみる…綺麗なドレープ感が出ましたよ。
首に持って行ってみたりして。
む。このまんま身につけたいような素敵なラインと長さです。
…これ、欲しいなー…。
で、やってみた。
ま、バランスを考えて、微妙に長さを前後させているので実際は10M強のチェーンを使用しているけれど…適当?はい。。
でも、私、数字弱いし。
これでスッキリしちゃいました。
でもチェーンこんがらがんない様にしないとねー。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-05-06 19:51 | 仕事

展示会が終わり。。

c0222103_0151089.jpg

c0222103_0151072.jpg

c0222103_0151077.jpg

ご来場の皆様、本当に有難うございました。嬉しかったです。良かった…
さて。写真は、ちょっと前の私達の衝動買い。の一つ。
大きな黒い鳥籠。アジア〜ンな匂いの竹籠。安かったの。
籠の中に商品を入れてみた。
お。極彩色の珍鳥が入っているように見えなくもない?
これを買った日、アトリエに運ぶ途中で会ったおじさん(知らない人)に
「これはオウム用でしょうか?」と尋ねられた。
正直、何も考えずに買って来たところだったけれど
「んー。どうでしょうね?単に飾りに買ったんですよー」と答える私。
おじさんは、
「でも、本当は飾り用じゃないですよね?それ。」と聞いてきた。
「そんなの知らなーい」と言いたかったけれど…
「そうですねぇ、どうなんでしょうかね?、真っ黒ですし。…どうでしょう。ヘラヘラ…」
よく分からない返事しちゃったじゃないの。
知らないおじさん、結果は「飾り」です。多分。
鳥がようやく入るスライド式の扉はあるけれど、底を外してお掃除するのは不可能な作り。これアウトでしょう。素材は竹に塗装してあるけれど、水気にも弱そうな…。
実際の使用には不向きだと思われる。
飾りだな、飾り。
でも、せっかくなので鳥的なモノを入れてみた。
何となく満足。
展示会のディスプレイにも使えたし。とても満足。。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-05-01 00:15 | 仕事