物を作る仕事のわりに、こだわりが無いのがどうもいけないような気がするSのつぶやき。


by STUDIOTSA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

たどり着いたのは。

c0222103_32715.jpg

写真は、今回お世話になったオーナーさんのオフィス&ジュエリー店が入っている建物の外観。何だか南国のホテルの様ではないか!
でも、もうすぐ移転。
次は、Tangoのステップ踏めるように床にこだわり、壁は鏡張りのオフィスになるらしい…。趣味を越えてますなー(笑)。
今回、LA目指してシンガポール航空機に乗った私。
帰国便では映画を2本(米画、邦画)見て、暇なのでオーディオからWorld Musicを検索。
座席の液晶画面に15枚くらい(正確な枚数は忘れた)ジャケット写真と、アルバム名&アーティスト名の並んだページが出てきた。
ラテン系(Tango、Salsa辺り…)の音楽を探す為、ジャケット写真を見ながらスペイン語の文字の見えるアルバムを探してみる。
明らかにスペイン語はたった2枚。とほほ。
1枚目を選び聴いてみる…一応ROCK、だね…。
パス。
2枚目…これ、なんつうの?歌謡曲。S-POP(スペイン)?ん〜…。
パス。
あらら。どうしよう。もうスペ語がなくなっちゃったよー。
残りの13枚くらいから一つ、スキンヘッドの男前らしき人物(画像が悪く鮮明ではない)の写ったジャケット発見。印象としては、映画「トレインスポッティング」の時のユアン・マクレガーみたいな感じ(見ていないけど)のハンサムに見えた…。
これ、キープね…。
あと、OPERA ROCKなる文字を発見。
QUEEN系?それともオペラ座の怪人みたいなの?
ちょっと期待…キープ。
最後に選んだのは、「11時11分」を意味するデジタル時計のような表示のジャケット。
これじゃあ、何の言語かもどんなアーティストかも何にも想像できん!グローバル目指したつもりかも知れないが、ハズしてるんだよっ!失格〜。 と思ったが…他の10枚程は想像出来るからやめたり、出だしを聞いてやめたりして、後がもう無い…。
仕方ない、キープ。
さて3枚か。
ハンサム(に見えた)さんから、行きますか!
…お。出だしはDance Music的な。ん?アラブ系のお言葉が?中近東の香りがして来ました〜!
くっ、面白い。
帰ってネットで探してみたら、アラブ音楽界から最初にグローバルに売れたエジプトのスーパースター!らしい。
YouTubeで見たPVのあまりのダサさに、仰天。いや〜、凄かった…。
2枚目。OPERA ROCK。
全てフランス語。色んなアーティストのオムニバス。舞台か何かのサントラ盤かな?
…あー、こりゃQUEENでしょ。あ、「オペラ座…」的なのもあるねー。
あ、こりゃいけない。この高音ちょっとイラつくかも。etc…。
でも全体には、なかなか良いんじゃな〜い?
さて、3枚目。
あれ?
それぞれの曲名に見えるは、もしやもしやのスペイン語?
しかもアーティスト名はRODORIGO Y … って思いっきりラテン系のお名前?
おいおい、それを早く言いなさいよ。
Musicスタート。
…ん〜いい始まり方だねー!お。このアコースティックギター、いいよいいよ〜!
むずむずっ。あららら〜、身体が動きたくなっちゃうよー。どんな声が乗るのかしらん?楽しみだ!!よっしゃ〜!
…………?
…あれ?…歌は?
あのー、曲終わっちゃいますよー…。
−結果。全てインストゥルメンタルでした〜。
でも、これ良かった。
昔、学生の頃の一時、所謂ヘヴィメタを聞いていて(古い学生です)、とにかく速度が落ちるとイライラするから、どんどん高速な類いに走った時期があった(例外でその中のバラードは遅くても好きだった。みんな上手いし、メロディ&声に妙に哀愁があってね)。
で。アルバムに1〜2曲入っているインストゥルメンタル。これが嫌いで…。
歌なし、シャウト無しなんて、聞く価値無しっ!とまで思っていて…楽器やらずに聴くだけだからね、無責任でーす。
なのになのに。
今回、最初こそ歌を待っていたけれど、途中からはギターが、リズムが気持ち良ーい。他は要らなーい。で、最後まで。
なんでこの曲名が「SANTO DOMINGO」なんだ?とか疑問は浮かぶが、ま、抽象作品に題名付けるようなもんかい?と、適当に納得。
お蔭様で快適な空の旅を過ごせました〜。
たどり着くのに時間かかったけれどね…。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-28 03:02 | 仕事

夜行性

c0222103_16201793.jpg

と、言うより変行性?な生活のワタクシ…。
LAに到着した夜から踊りに出ても(子供の遊び場じゃありません)、帰国翌日の昼間に仕事で外出してても元気いっぱい全く違和感なーい。
日本との時差は調べもせず適当に日本時間−8時間ってところかしらねー?と判断し、出発前に現地にいるお友達とメールのやり取りしていた。
が、正解は日本時間より17時間バックだったのね…。知らなかったよ。
生活のリズムに関しては、家族から非難されるばかりだが、見よ!時差ボケに苦しむ事もない。便利な時もあるものだよ!なんて。
さて、LAは年間殆ど雨が降らないらしいのに、今回の短い滞在の3分の2程は嵐みたいな雨に振られた。雨女と言われても仕方がない…。
でも私、初めてだから基準がない。「へぇ、こんな雨も降るんだ。温度は肌寒いねやっぱり。」なんて思っていた。
お友達に、いつもはどんなに晴れていて暖かいかを力説されても、想像力もなく、残念な気持ちも特になかった私…。
が、後半二日間のピーカンでその印象はゴロリと大回転。
「OH〜!サンサンと輝く太陽が眩しいぜっ!これがカリフォルニアだ〜!ヒュー!太陽無しにはLA語れません!」てな変わりよう。
終わりよければ全てよし!プラス、知らないって時には、幸せ?
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-26 16:20 | 仕事

オタクへの憧れ、

c0222103_17105650.jpg

は、ないけれど…(関係ないけど、写真は滝沢君の作品「猿の惑星(違うか?)」を拝借)。
人に語れるような知識がないのが昔からコンプレックスだったりする。
知識って言っても…、その内容は、単に私の趣味の延長としての話。
固有名詞や数字に対する記憶力は特に悪いので、関心の薄い事柄は、当然全く覚えられなーい。
が、それだけではなく…例えば琴線に触れるような曲に出会っても、何の曲かしらん…?状態で過ごしてしまい、いつも偶然の再会を夢見る謎の音楽のままだったり。
映画を見ても、具体的な俳優も監督も何にも言えずに、自分の中では忘れられない映画になっていたり…。
流れや、動き、音、その印象などは確かに脳裏に甦る記憶としてあるの。
でも…情報として人にイマイチ伝えられない。これ、要するに知識が無いって事の気がする。問題だわー。
これじゃあ、いつまで経っても知っている事が増えない、深くならない。魅力あるもの達が私の前を通り過ぎて行くよー、サヨーナラ〜。寂しいです…。
ひょっとすると、それらの断片的な要素が、作る物に反映されている事もあるかもしれない…でも、正直、分からなーい。
悲しいかな、食べた物が確実に栄養素として働くとは限らない。吸収出来ずに、出ちゃうだけって事もある…。
その昔は、やたらと知識をひけらかす人はイヤらしい!とか思っていたけれども(単にコンプレックスの裏返し)。
私は感覚人間だからね、固有名詞なんてどうでもいいのよ。その時何を感じるか、何にどう感動するのかが大事なのよー。とか考えていた。
作家名や作品名、その経歴等に非常に詳しい人がいても、「ふんっ。それが言えたから何なんだー。暗記した言葉の羅列にしか聞こえないよ。」とひそかに悪態をついたり…。しかーし、物は知らないより知っていた方が良いね。殆どの場合。
あー、何かにつけ思い出しちゃう。美大受験生の頃、予備校の先生方と話をしていて、言われた一言…。
私の知らないアーティスト名ばかりを話に出す先生達、あーだこーだ話しているが、だいたい知らないから会話にも入れない…。
先生「○○知ってるか?」
S「知りませーん。」
先生「○○が書いた作品で…」
S「知りませーん。」
先生「○○の何年頃に撮った映画でさ…」
S「知りませーん。(名前はどーでもいいから内容を言ってよ先生、と思ってる)」、
先生「そうか…。お前達には、知っているだけじゃ仕方がないんだぞって所からの話は出来ないんだなぁ。」とおっしゃった。
ひぃ…今、何言われた?
すごーく恥ずかしい気持ちにさせられたワタシ。
知っているだけじゃ仕方がないって…「知っている」は最低ライン?大事なのはその後からなの?
言葉を越えて、理解して体感して、自分の身となり、厚みとなるのはその先の事なのか…。
だからまず、丸暗記でも覚えるって事が大事な時もある訳だ。
先生、そーゆーことですかい?
と、言う事で。
遅いかもしれないけれど、少しでも興味を持った事はお勉強してみないと損かも知れない。ささっ、勉強勉強〜!と、その時は思ったが。やはり、何と言うか…向かないものは向かないらしい。
興味を持った事柄はすぐ調べるようにはなった。調べて知った事から派生して、別の面白い内容に出会えるチャンスとなる事もわかった。うん。
ただね…、すぐ忘れちゃうのねー。
これ、無いよりマシなの?何か残っているのかなー…?
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-20 17:10 | 仕事

籠の蝙蝠。

c0222103_15344229.jpg

これは、真鍮の籠の中で逆さ吊りになっている蝙蝠ちゃんピアス。少し籠の形が違う揃いのネックレスもあったけれど…今はもう無い。おーい、何処行った〜?
これ、揺れる度にカランカランって鐘の鳴るような音がするの。
ん?「カネノナル」ような音…何故か響きが気になる私。
「カネのなる…金の成る…」ような音。か?
おおっ!何か御利益あるかしらん?なんて思ったり。
でも実際は、シルバー製の逆さ吊りコウモリちゃんが、真鍮の籠(檻?)に頭をゴッチンゴッチンぶつけている音だったねー。お気の毒…。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-19 15:34 | 仕事

こだわらなくなった事。

c0222103_11343482.jpg

自分の制作上のこだわりを探そうと思って書いているけれど、逆に年々こだわらなくなってきた事もあったかなー、と考えみた。
明らかに以前と比べてこだわらなくなったと思うのは、道具に対してかしら。
その昔、始めたばかりの頃、特に学生の頃は、やたらと道具が揃えたくて仕方がなかった。
バーナーやヤニ台や、リューターなど基本道具だけでなく、金属切断のニッパーはスウェーデン製が良いらしいだの、ヘラはどこのメーカーじゃないとダメだの、使う予定がないのに酸素バーナーが欲しいとか、計りは分銅を使う古風な天秤型のが欲しいとか電子計量器の方が良いだろうとか…色々思って買っていた。
今も道具や工具のカタログが好きで開くと笑みがこぼれてしまうが、前と違って心穏やかな私。
以前は見ると、これも必要、あれも必要、全部必要?どうしよ〜!と気持ちが焦った。
未だに持っていない道具はいっぱいあるし、あった方が便利かもなぁと思う物もあるけれど、消耗品以外はほとんど買わなくなっちゃった。
昔、道具をあんなに揃えたくて仕方がなかったのは何故かしらと考えてみる…。
多分、自信の無さや不安からかな…と。
今も作るって難しい〜(涙)と思う事は多いけれど、以前はさらに出来ない事が多すぎて、心配で不安で。だから色々揃えたかったんだと思う。技法書や工芸品の本も色々買ったし。
それとも、あれは単なる物欲だったのか?
ん…。そうだったのかなー?ま、別にいけない事ではないでしょう!それで心が満たされるなら。ねぇ。多分…。
それに、物欲を否定したら、このお仕事成り立たないもーん。なんて。
まぁ、不安や自信の無さから物を色々買ってしまうのは、ちょっと悲しい感じがするけれども…、そうではなく、手に入れて嬉しい!身につけて幸せ〜!という気持ちになるのは素敵な事ではないかしらん?
そういう品を作りたいです。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-17 11:34 | 仕事
c0222103_1111428.jpg

この光り輝く金色の蝶の素材は何でしょう?
答えは真鍮でーす。商品としてはピアス。因みにフープピアス部品と、オレンジの石をぶら下げている素材は18金です。
真鍮は好きな素材の一つ。黄銅とも言われるように、銅の合金。エッチングにもよく利用する。扱い易く比較的丈夫なので、市販のアクセサリーに使われる事も多いでしょう。でも、そのほとんどはメッキ処理をされている為、真鍮の色は見えないのが普通。
こんなに綺麗なのに、何故?
答えは、ちょっと使えばすぐ分かる〜。
色、変わりますの…。
あのピカピカも失くなって、なんとなーく重たげな黄土色になって来て…。水分なぞが付いた日には、緑青なんかも噴いて来たりするかもよ。
だから、メッキしちゃうのね。なるほど。
ウチで使う時は、アクセサリーの金具類等を工場さんに頼む場合は、きちんとメッキをして頂くが、その他(殆どMano Pigra)で使用する場合は今まで大体は古美色にしていた。メッキではなくて、銀を燻すような具合に表面を薬品で反応させる感じ。かな?
因みにこの場合も、段々とツヤは失くなります…。ので、気になったら時々布で優しく拭いて下さいな。私は殆ど拭かないが…。
古美仕上げより、さらに変色が早い生地では出した事がなかった。
でも、綺麗な色だしね。今回春用だしね。この色で行きたいよね…。と思った。アクセサリーやさんなら、真鍮にメッキ無しなんて信じられ〜ん!と言われるかもしれない。でも、メッキの色がどんなに多くて細かく選べたとしても、この生地の色は出ないのね。
とにかく、色変わりが激しいのが問題なワケだ。 ならば、簡単。磨いて下さい!まめに。
と、言う事でコチラの商品には、磨き布がついてきまーす。
あくまでも、メッキ無し部分にのみ、ご使用下さいな。メンテナンスどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-13 11:11 | 仕事

本年度の抱負。

c0222103_23523868.jpg

さて、2010年の抱負、目標は何でしょー?
うち、こんな感じでも10年目に突入してしまいました。10年と言う節目に相応しい抱負にすべきか…。
そういえば、来月出る展示会(rooms)も10年目になるとかで、テーマは「START」と来た。ナールホドネ。
しかし、私の今年のテーマはズバリ「インプットの年」です!
ん?これ去年と同じですが。そうでーす。何故か?理由は簡単。
去年出来なかったから…です!
あーらら、情けない。
でも本当の事。仕方がない。では、反省を込めて「インプットの年2」としておくかね…。
そして具体的には、アレとコレはやりたいと思っているの。何それ?
ナイショ。そうしないと来年は「インプットの年3(回目)」なんて情けなーい事態になりかねない…。
インプットどころか、取留めも無い事書いてはアウトプットしちゃっている感じの私(文字打ち込む作業自体はインプットだけどね…)。
大丈夫かしら〜?
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-08 23:52 | 仕事
c0222103_2251062.jpg

c0222103_2251065.jpg

これは何だ?もしや…金?
わお~金塊だ金塊だ~!
やっぱり金は美しい~。磨いた艶も磨かれない部分の光も、ちょっとしたかすり傷も、素敵だ~!
とか言ってこの方々、実物見たらビックリの小物さん…。
だってこれ、乙女達用のピンキーなんですもの。
乙女って?…ワタクシも入りますので、お子ちゃま用ではございません。大人の女性用ですよ。
付けるとその印象は、さりげない可愛いらしさアリ。
でも、目を近付けて観察するとほら、表情があるでしょう。
これ、18金をボーッと溶かして作っている。
丸い方は金が一度溶けて、そのまま固まった形。
四角い方は、固まった後少しローラーで引いた形。どちらも作る毎に違います。同じ形はないの。と言うか、出来ないからね。あ、グラムだけ量っているからその辺りは公平よ。
あとはサイズによりますな。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-05 02:25 | 仕事

正月早々

c0222103_1815486.jpg

「Mano Pigra(マノ ピグラ)」のはずが、新年早々からアトリエに入り、せっせと手を動かしております。何故か。
忙しい?ノンノン。その反対。
予定も無くて暇だから…。しくしく。
一応、会いたい人達とはぽちぽち会えた、忘年会みたいなものもやった、新年会の予定なども組んでいる。踊りにも…そこそこ行った。しかし、私の年末年始は、もっとテンコ盛りになっていてもよかったはず…。
年末年始にかけて、遊びに付き合って頂けるはずの(と、勝手に決めていた)メンバー達が次々と消えた〜。理由は色々。
体調を崩してしまった友達が二人。お大事に、よく休んでちょうだいね。
年末年始に南方の島に行く事にした友達。いいねー!いってらっしゃ〜い。
お仕事で海外に飛んだ友達。体調気をつけて。私も便乗させて〜!
年末年始が勝負のお店関係のお仕事の友達。お疲れ〜頑張ってねー。
仕事&恋人との予定で忙しい友達。そうだよね、羨ましい!空いた時間に相手してねー。
さて、上記全てに当てはまらないのは私だけ。か。
体調、良好でっす!
仕事、クリスマスでほぼ終了でーす!
旅行、予定なーい!
恋人、いませーん。チーン…。
…たまには大人しく大晦日〜元日にかけて家にいるのも悪くない。よね? 何年ぶりかしら…。お陰で元旦からお不動さんに初詣にも行けたし。
新鮮だー。


[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-01 18:15 | 仕事
c0222103_9281356.jpg

また、これで新しい年を迎えてしまったわ…。
みすぼらしい私の携帯Sちゃん号。
塗装の剥げ方、ひどい。醜い。
剥げ方だってね…、もう少し違った形でお願いしたい。
メタリックのフューシャピンクから安っぽいツヤ無しの白、一見ステンレスから半透明プラスチック、はないでしょー…。
まぁ、もう3年経つので、新しくはないな。
と言うより「古い」?
エコですよエコ。
んー…、新しい時期はほんの一時、でも「古い」ってのは実際、いつからなのかい?よく分からない私。
一応壊れてないし。不整脈とか記憶喪失とか危なっかしい感じはあるが。
相方AちゃんとT君は当時最新(嬉し恥ずかし液晶画面が回せちゃう、ワンセグ機能付。)の同じ機種を私と同時に買ったが、2年ちょいでご臨終となった。そして今は巷に溢れるアイポ〜ン(?)を使用している。ちょっと羨ましい。でもいいの。
同時期に壊れるなんて、時限装置が付いているのではないか?と言っていたが、Sちゃん号が生きてるから違うらしいね。
でも、この外装どうよ?恥ずかしい!!
持っている私が、ではございません。こういう物を出す事(会社)でーす。
仮にもある時期、ほんの数年前の「最新」「高額」機種だったくせに。
機能が古くなるのは仕方がない。技術はどんどん発達するものだからね。でも、この剥げ方。これは技術の問題じゃなく、メーカーの怠慢でしょ。いけませーん!
ん?使い方が荒い?
…ま、それもある。
でも私「ハゲるな。」とは言っていない。剥げ方がマズい、怠慢だー!と言う文句です。しかも買って一年未満で剥げ出したんだもの。
と、言う事で…。
みすぼらしい携帯を持っていて恥をかいているのは私ではないのです。違う?
でも壊れたら、私もアイポ〜ン仲間入りかなー。
仕方がないねっ。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-01-01 09:28 | 仕事