物を作る仕事のわりに、こだわりが無いのがどうもいけないような気がするSのつぶやき。


by STUDIOTSA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ダンス遍歴。

c0222103_1356271.jpg

私の趣味は踊りです。。
それ以外にこれと言った趣味はない。と思う。
かなり長い年数を費やしているけれど、その内容は変化している。
ダンスの種類が。気が付けば色々とかじっております。
歴の長い順にバレエ、サルサ、アルゼンチンタンゴ…。
その間に、クラブジャズ、レゲトン、思い出すのも恥ずかしいアフリカンダンス?なんてのも入っていたり。他にもあったか?一体、私は何処に向かっていたのか。
アトリエでの作業中は、ジャンルを問わず気になる音楽が流れたら、時にはオリジナルダンスも舞う私。
Aちゃんに「出た出たー。また変な踊り踊ってる。好きだねーSちゃん」と、お褒めの言葉を頂戴する事もある…。
大人になってから、バレエ以外の踊りがやりたくて、ネットであても無くダンス検索をしたのが7〜8年前のこと。
見つけた一つが「サルサ」。
他にもやりたいダンスはあったけれど、年齢的に「恥を知れ」と自分でも思ったのでやめました。
で、サルサ。
なんだこれー?サンバとは違うのかしら?全くわからなーい。けれど、「サルサ」と言う言葉に勝手にピンと来た私、Aちゃんを誘ってレッスン見学に出掛ける事に。
…あれ?もしかしてこの踊り…、その昔、映画「KYOKO(だったか?)」を見た時に出てきたダンスみたいね。似てるよー。と思い出す。
あの時は、飛んだり跳ねたり足を上げたりが全く無くて、ちょっと信じられないくらい、つまらん踊りだ…、と思った気がする。が、今回は簡単な前後のステップを見ただけなのに、何故か興味深く映った。
ん?あらまー大変よ…。
しばらく見学していて、初めてペアダンスと知った私達。下調べゼロだったので知らなかった〜。
皆、最初は鏡に向かって一人一人ステップを踏んでいたのに。あれはウォーミングアップだったのか?
正直、ペアダンスと言うところが少々引っ掛かったけれど…、曲が楽しそうだね。なんだか楽しそうだね!これも縁かもねっ?始めちゃうよー。
…で、かれこれ7年以上過ぎてしまいました。
その後に始めたアルゼンチンタンゴも4年になるの?こんなに下手なのに?時の経つのは早い&残酷です。
ところで。遊びでタンゴを踊る方の中には昔サルサを踊っていてタンゴに移った方も多いと聞く、私もその一人(まだサルサもやってるけれど)。何故か?
どちらもスペイン語圏の歌や曲で踊るペアダンスと言う共通点があって、入りやすい、と言う理由はあると思う。
…が、あとは多分、年齢的な理由もあると思う。言いたくはないが。
以下、私S個人の心の動き…。
サルサをしばらくやっていると、アルゼンチンタンゴの事もチラホラ耳にする機会はある。
「ふーん、タンゴねー。」と、最初はそんな感じ。踊りを見た時の印象はサルサと比べ「大人しいですね」。
サルサが楽しい時期は、アルゼンチンタンゴはエネルギーを発散出来ない、笑顔もない、ちょっと根暗なダンス、に見えるかもしれない(ショーは別)。
でも…、段々と気になってくる。
サルサに飽きているワケではない。でも、タンゴの存在が気になって来る。
何故か。
「大人が踊って格好良いのは、どっち?」と言う課題が迫って来るから。
もっと正直に言えば「私がおバ(ー)サンになっても踊っていて許されるのはどっちですかねぇ?」と誰にともなく問いたいような気持ち。
いつまで踊れるか。踊り好きには切実な問題なのです。
趣味(遊び)なんだから、自分が楽しいと思うのが1番大事?
はい。でも、客観的な視線も大事だと思われる。出来る範囲でだけれど。
ワタクシ過渡期なので、まだまだサルサも楽しいお年頃ですが(って幾つだー?)。
…ま、せめてどちらもエレガントに踊る事を心掛けたいと思いまーす。大人ですから。
[PR]
by STUDIOTSA | 2010-06-01 13:56 | 仕事